印刷用ページを開く

商学部かわら版 商学部のいまが見えてくる。必見情報満載!

富野ゼミナールが、HONDA社内で研究発表!

2016-08-02

富野 貴弘(科目担当教員)

富野ゼミナール(マネジメントコース)では、本田技研工業(ホンダ)のご協力をいただき「ものづくり」に関する協同研究を行っています。

この取り組みは今年で6回目になりますが、毎年設定するテーマについて1年をかけてじっくり考えるというのが特徴です。毎月、ホンダの方々がゼミにいらっしゃり、学生の報告を聴いて一緒にディスカッションを行いながら研究内容を深めていきます。

2016年度は、「大学生が魅力的だと思う製品の価値分析」をテーマに、3年生17名が4グループに分かれて研究に取り組んでいます。8月2日、その中間報告会がホンダ社内(埼玉県和光市)にて行われ、春学期の研究成果を発表しました。社員の方からの鋭い質問が飛び交い、学生にとっては何事にも変えられない貴重な研鑽の場になりました。

ご協力をいただいているホンダの皆様には、この場を借りて深く御礼申し上げます。

研究成果発表の様子