印刷用ページを開く

商学部かわら版 商学部のいまが見えてくる。必見情報満載!

商学部 小原ゼミナール3年の山本貴士さん代表のチームが 第4回 公益財団法人トラスト未来フォーラム(三井住友信託銀行後援)の学生懸賞論文において、 特賞を受賞

2017-02-23

小原 英隆

商学部 小原ゼミナール3年の山本貴士さん代表のチームが 第4回 公益財団法人トラスト未来フォーラム(三井住友信託銀行後援)の学生懸賞論文において、 特賞(優秀賞の上の、特に優れた作品がある場合に与えられる賞)を受賞しました。

 

著者は、商学部 小原ゼミ(金融論) 3年の 山本 貴士さん、市田 雅貴さん、宇都宮 雄さん、梁瀬 岳さんの4人で、論文の表題は、「銀行による資産運用プラットフォーム構築の提案 ~ロボ・アドバイザーとFPによるハイブリッド・サービス~ 」であり、 内容は、先端金融技術であるフィンテックの技術の一つであるロボアドバイザーを使った 日本の金融機関の成長策を詳細に論じるものです。

 

一橋大学大学院の一條和生教授を委員長とする審査委員会からは、 「ロボ・アドバイザーなどデジタル時代を反映した新しいアイデアに加え、 その弱みを補完するために金融機関の人的サービスを用いるといった発想が柔軟である。」 との講評をいただきました。

 

チームメンバーは、2月13日に授賞式で表彰されました(写真参照)。

 

小原ゼミナールは、昨年の第3回でも一等を受賞しており、2年連続のトップ受賞となりました。

 

主催者のHPは、http://trust-mf.or.jp/ です。