印刷用ページを開く

商学部かわら版 商学部のいまが見えてくる。必見情報満載!

学生取材班レポート第一弾
商学部で調理実習!?工場野菜!?
特別テーマ実践科目A 調理学入門

2017-11-06

記者 商学部3年 浅野賢斗

なぜ調理実習?

この授業では工場野菜に適した調理方法・レシピを考え、工場野菜の需要を伸ばす方法を研究するために調理実習を実施しています。

商学部で実施するわけは、商学部の学生の発想は、農学部など理系の学生より消費者の価値観に近いためです。

そしてただの調理実習ではなく、自分たちでレシピを考えることを通じて、商品開発の基礎も学ぶことができます。

工場野菜のしゃぶしゃぶ


工場野菜とは?

工場野菜は工場(屋内)で育てられた野菜です。LEDライトなどの人工光で土を使わずに育てられます。 露地野菜より衛生的で味も苦味・えぐみが少なく、やわらかくて、少し小さいのが特徴です。

左:小松菜・わさび菜 右:畑のもの(左)・工場野菜(右) 


工場野菜を使ったおいしい料理

過去の工場野菜を使ったレシピです。

生春巻き

トマトと工場野菜のゼリー寄せ

野菜本来のおいしさを味わってもらいたい

担当教授である浅賀先生は「最近は何にでもたくさん調味料をかけて食べることが多いので、この授業を通して野菜本来のおいしさを味わってほしい」とおっしゃっていました。

やっぱり楽しい!

受講していた学生たちは「おいしいものが食べられる」「少人数だから仲が良くなる」と話してくれました。